【個人事業主必見】特例貸付を実際に受けてみた

個人事業主(フリーランス)として働いている方々の中にも、新型コロナウイルスの影響を受けた方が大勢いると思います。

・急な仕事のキャンセルが相次ぎ収入が0になってしまった
・事業縮小を迫られた
・学校の休校で子供の預け先がなく、仕事ができない …など

個人事業主は仕事がなければ収入は0です。そして資金繰りを考えようにも、今は何をやっても上手く行かない時期です。

「お金を借りられるアテもない。10万でもいいから借りられたら、今を乗り切れるんだけど…」

「あるかも分からない給付金は待てないし、お金をくれとは言わない、貸してもらえたらそれだけで助かるのに。どこも貸してくれない…」

そう言って私にお金を借りにくる知人が実際に何人かいました。

そんな方々に勧めたのが各都道府県社会福祉協議会の「緊急小口資金等の特例貸付」です

緊急小口資金等の特例貸付とは

各都道府県では普段から、低所得世帯等に対して生活費等の必要な資金貸付を行う生活福祉資金貸付制度を実施しています。

今回は新型コロナウイルスの影響を踏まえ対象世帯を拡大し、休業や失業等により生活資金で悩む人々にも貸付を実施する事になりました。

■対象者
新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生活維持のための貸付を必要とする世帯
→従来の低所得世帯に限定した実施から拡大
→失業状態になくとも、減収があれば対象

 

■貸付上限額
学校等の休業、個人時事業主等特例の場合20万以内
→従来の10万以内から拡大

 

■据置期間
1年以内(2021年返済スタート)
→従来の2ヶ月以内から拡大

 

■償還期間
2年以内
→従来の12ヶ月以内から拡大

 

■貸付利子・保証人
無利子・不要

詳しくは厚生労働省のサイトをご覧ください
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatsu-fukushi-shikin1/index.html

パンフレット[PDF] https://www.mhlw.go.jp/content/000613522.pdf

 

実際に申請してみた

ここからは実際に申請し貸付を受けた友人の話です。
(同行&記事にする許可をもらいました)

友人の状況
・習い事の教室を経営する傍ら、夜はホステスとして生計を立てていた
(※どちらも個人事業主として確定申告をしている)
・教室は閉鎖を余儀なくされ、再開の目処は立たない
・ホステスとして働いていた飲食店は営業を自粛
・収入が一気に0になった
・教室は開業したばかりで蓄えがない
・教室の家賃支払いがある
・お金を借りられるアテはない

まず市区町村の社会福祉協議会に電話し、緊急小口資金の特例貸付を受けたい旨を伝えました。↑の状況を話しました。

すると「一度窓口まで来ていただいて相談しましょう」と言われ、翌日に訪問する約束を取り付けました。

窓口に持ってくるように言われた物
・本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)
・住民票の写し(世帯全員分記載の発行3ヶ月以内の物)
・預金通帳(減収を示せるもの、口座が複数ある場合は全て)
・印鑑

友人の場合は上記の物を持参するように言われました。
※状況によって必要な物が違うかも

預金通帳だけでは減収を示しきれないと思ったので
・確定申告書類
・ホステス収入の支払明細
・経費を決済しているクレジットカードの明細
も印刷して持参しました。

窓口では優しく柔軟に対応していただけました。資料が揃っていた事もあり減収があったのは明らか。対応は早かったです。

窓口の方はとても親切で、生活が立て直せなかった場合の相談窓口等も案内してくれました。

そして持参した資料はコピーして提出、それに加えて世帯の経済状況や事情も記入し提出。その他必要書類に記入し、無事に特例貸付を受ける事が出来ました。

「口座への入金は明日から5営業日以内です。特に通知はないので自分で確認してくださいね」とのことでした。

友人が受けた貸付は20万円
返済は2021年5月スタート
返済期間は24ヶ月
連帯保証人不要で無利子
経済状況が戻ってから、少しずつ返していく事が可能です。

友人の話

「出るかも分からない給付金を待つだけの余裕はなかったし、お金を貰いたいと言うよりも今を乗り切るだけのお金を貸して欲しかった。

だけどこんな状況だからどこも貸してくれなかった。こんなにすぐに貸してくれるなんて本当にありがたい。

これで教室の家賃も払える。廃業せずにやっていける。返せるようになったらすぐに返したい。」

 

私の感想

正直役所からお金を貰ったり借りたりするには複雑な手続きや審査を重ねなければならず、時間が掛かるという印象がありました。

しかし今回は緊急事態という事もあってか、とても柔軟で迅速な対応でした。

もちろん返済の義務はありますが急な減収や失業で困っている方、一度相談してみる価値はあると思います。

コメントを残す