85歳祖母『ググれカス』

久しぶりの更新になりました。

このツイートが少々伸びたので、文字数では書ききれなかった話を。

 

私の祖母は昭和一桁生まれの85歳。

祖父がボケる前は2人で自営業をしていましたが、現在ではその殆どを祖母1人で切り盛りしています。(と言っても割と自由業です)

Officeを使いこなし、e-tax(電子納税)も開始後すぐに取り入れた祖母。そんな祖母ですから新しい機器も使いこなせるだろうと思い、8年前iPadをプレゼントしたのが始まりでした。

 

当初は「老人には使いこなせないでしょ、無駄な買い物だったね」とよく馬鹿にされたものです。結果的にはしっかりと使い熟し、持っていたガラケーをiPhoneに機種変更するまでになりました。

前置きが長くなりましたが現在祖母はApplePayやPayPayで買い物をし、映画やホテルや飛行機の予約はオンラインで、近所で買えないものはAmazonかYahoo!ショッピングを使い、出前館でピザを注文します。

 

そんな祖母にはモットーがあります。

「分からない事はGoogleに聞く」です。

 

続々登場する新サービス。使い方が分からなくてもGoogleで検索を掛ければおおよその概要は出てきます。

それでも分からなかったら自分の娘(私の母)→孫(私)→娘婿(私の父)の順に聞いてみるそうです。

聞いた話を再度検索、それで大体の事は分かると。

 

『ググれカスっていう若者言葉があるんだよ〜』と笑顔で教えてくれました。

知ってるよ…若者でもググれないカスが沢山いるんだよおばあちゃん…。

 

そんな祖母がこの世で最も嫌いな人間100選に選ぶのが、セルフレジで「使い方が分からん!お前がやれ」と店員に無理を言っている老人だそうです。

『至る所に説明書きがあるんだからそれを読め。そんでレジに行けばレジが勝手に喋って誘導してくれる。それでも分からん時には店員を呼べばいいさ。自分で調べようとしないから、何もできない老人になるんだ』

多く見積もってもあと20年しかない人生、店員を呼びつけてグダグダ喚くような無駄な時間はないのだと。

 

同じ理由から、コンビニでチンタラ小銭の受け渡しをする時間が勿体無いから、以前よりキャッシュレス決済を使っていると言っていました。Edyから始まりKitaca(交通系IC)を経て現在はApplePay(クイックペイ)とPayPayの二刀流です。

 

飛行機やホテルの予約に関しては

『昔はカード会社のコンシェルジュに頼んでいたけど…長々丁寧語の話を聞くのも辛い。アプリでやっちまえば5分で終わる。トイレの中でもバスの中でもどこでもできる。しかも紙のチケットはいらないから、持ち物も減るんだよ』

 

そして映画の予約に関しては

『ほら、じいさん映画の席にうるさいだろ。あの人の中では音響と見易さのベストポジションが昔から決まってる。若い人はみんなネットで予約しちまうから、映画館に行ってから席を選んだんじゃあベストポジションは埋まってるんだ』

愛する人が望む物のためなら労力を惜しまない…私、確実におばあちゃんの血を引いている…!

 

そんなわけで祖母は世の老人
特に自分で解決しようと試みない者達に
「ググれカス」
と言いたいそうです。

 

スマホの文字が小さくて読めない
→拡大機能やルーペがある

セルフレジには温かみがない
→人口減少させたお前らのせいだ

機械は信用できない
→世の中のミスは殆ど人為的な者だ

 

…もう何も言い返せない。

 

あ、リプライや引用で「ラピュタのドーラの声で再生された」との感想をいただきました。

実際にはちびまる子ちゃんが近いです。迫力はないです。

 

私も祖母のように最新機器やサービスを使いこなせる老人を目指そうと思います。

コメントを残す