祖母の失踪

町内会の旅行に行った祖母がブヨに刺されて帰ってきました。

祖母はここ数年健康診断以外で病院に罹っておらず、それを自治体から表彰される事に喜びを感じ生きています。

刺された患部が腫れても頑なに病院を拒む祖母を見兼ねた母は私に相談、私の知人の医師に事情を話し、自費診療で診てもらう事にしました。これなら表彰にも差し支えないから、と祖母を説得して。

 

しかし祖母は失踪しました。

 

予約の時間に母から電話があり『おばあちゃん逃げた!Yちゃん(医師)に謝っておいて!』と。

病院に向かう直前に祖母が雲隠れしたそうです。

表彰が喜びだなんて建前、祖母はただの病院嫌いだったのです。

休日返上してくれた医師Yちゃんは『ジャンポールエヴァン食べてみたいな〜』と笑って許してくれました。

 

さて、この失踪には認知症の祖父も巻き込まれていました。

2人のGPS付き携帯はご丁寧に並べて自宅に置き去り。

母はすぐに映画館に向かいます。

「この人たち見ましたか?」という店員さんとのやりとりも恒例です。

店員さんからアベンジャーズを鑑賞中だと教えてもらい、出口で待ち構える母。出てきたのは大好きなアベンジャーズを見てご機嫌な祖父と、母を見た瞬間年寄りらしからぬ速さで逃げる祖母。

 

その後母に説得された祖母はYちゃんのクリニックで治療を受け、自費診療のお金はなぜか祖父が払ったそうです。

 

年寄りの世話は大変なのです。

 

コメントを残す