猛威を振るう五月病

更新が途絶えていましたが絶賛五月病でした。

今年は大型連休のせいもあってか、私の周りでは五月病をこじらせている人が多いです。

 

例に漏れず祖父も毎年病をこじらせています。

 

仕事をしていない祖父の五月病はメンタル的な物ではありません。

 

5月は苗植えの季節。

我が家は農家ではありませんが祖父母の趣味が家庭菜園のため、この季節は毎日土いじりで大忙し。

そして肺炎に掛かる祖父(笑)

もうこれは毎年恒例。

祖父が死ぬのはきっといつかの5月だ、と家族で笑い話になるくらい毎年恒例なのです。

 

認知症の老人は入院すると一時的に症状が悪化する場合が多いそうですが、祖父もそのパターン。

病室の窓からの放尿が毎回恒例

トイレと間違えているのかなんなのか、真相は祖父のみぞ知る。

病院側も毎年の事で慣れているので、祖父の病室は必ず植木の上の部屋になります。

 

祖父の入院中は祖母がせっせと野菜のお世話。

母はナースステーションで平謝り。

 

我が家では5月の風物詩です。

 

私も五月は五月病なので、更新が滞るかもしれません。

こんなしょうもないブログに毎日たくさんPVいただいてるのにごめんなさい。

 

五月病の画期的な予防法をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

コメントを残す