孫の趣味に寛容な祖父

祖父は孫達の趣味に寛容です。

さらに時々「これは喜ぶだろう」と思ったものを勝手に買ってきます。

そして9割方外します。

 

私はその昔、LAREINEというバンドが好きでした。所謂ヴィジュアル系が好きなバンギャというものでした。

思春期には部屋にこんな感じのポスターを貼っていた記憶があります。

普通の年寄りなら顔をしかめそうな趣味です。

 

が、ここは孫ラブな祖父。

孫の趣味は全力で応援します。

 

ある日、祖父が本州に行って帰ってきた時のこと。

「お前が好きだと思って買いに行ったぞ」とお土産を渡されました。

これ。

宝塚のパンフレット。

…。

……。

ありがたくいただいたけどちょっと違う。

 

 

またある時、

 

真・三國無双にはまっていた弟には

 

三国志全巻をプレゼント。

(弟はちゃんと読破したそうです)

私と妹も貸してもらいましたが、1冊目から睡眠導入剤としての効果を発揮しました。

 

 

さらにさらに

 

菅田将暉にハマっていた妹には

 

 

神田正輝の写真集。

 

『恋愛対象がおじさんなわけではないんだよな?』と心配されたらしい。

むしろこんな古い物どこで手に入れたんだ祖父…。

 

 

さらに被害は母の若い頃にも。

「トシちゃんが好きって言ってたら、誕生日にくれたのはラッツスターのCDだったよ」

 

祖父の気持ちは嬉しいけれど複雑な気持ちの娘&孫達なのでした。

コメントを残す