芋騒動

私の実家では絶対に食卓に出してはいけないメニューがいくつかあります。

 

・雑穀米

・豆ご飯

・じゃがいも、さつまいもの主張が強いメニュー

 

理由は「祖父が戦時中を思い出して辛くなるから」です。

あ、毎度も言いますがマク●ナルドのポテトはOKです。

 

ある日のこと。

私は手土産を持って実家に帰りました。

その手土産とはスイートポテト。私の自宅近所の和菓子屋さんの物なのですが、とても美味しくて是非食べてもらいたい!と思い42個入りを購入。家族は7人なので、1人6個ずつの計算です。

実家に着くも祖父は昼寝中。他も誰も居ないようだったのでリビングのテーブルにそれを置き、一人でお茶を飲んでいると弟と妹が帰ってきました。

 

弟『姉ちゃんおかえり!なにそれ〜』

私「これ!すっごく美味しいんだよ〜スイートp

弟妹『『ぎゃああああああ』』

私「?」

妹『ちょっとお姉ちゃんこっち!きて!』

 

勝手口から裏庭へと連れ出される私。

 

弟『まじでなに考えてんの?』

妹『信じらんない!最低!』

弟妹『『おじいちゃんが!芋ダメじゃん!』』

私「え?」

弟妹『『これ芋じゃん!!!』』

私「あ…」

 

そう、私はスイートポテトが芋だという事をすっかり忘れ、無意識のうちに禁忌を犯していたのです。

 

とりあえず祖父の目を避けてみんなで食べよう、保管は妹の部屋に…と話し合いリビングに戻ると。

 

祖父がいました。

 

一瞬「やっちまった…」となる私たち。

しかし祖父はとてもご機嫌。

『数えたら1人6個だなと思ってな、でももう6個無くなってしまったぞ!』と。大変お気に召された模様。

 

実は私がみんなに食べて欲しかった理由はこれ、美味しすぎて飲み物のように消えてしまうスイートポテトなのです。

 

私たち三人の心配はとりこし苦労に終わりました。

そんなに気に入ったならと私の分を祖父に。妹、弟からも3つずつ。

今日も孫たちに愛されている祖父なのでした。

 

 

余談ですが母からの情報。

『お父さん芋は好かんって言いながら部屋にポテチ溜め込んでるよ。ジャンクな芋なら食べるよきっと。』

 

祖父にとっての芋とは一体。

コメントを残す